忍者ブログ
健康とキャッシング関係のサイトを展開!SEOを意識した健康、キャッシング総合サイト!最新の健康情報とクレジット、キャッシング情報をお届けします。(お見合いなども)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


うつ病はビタミンB不足が原因かも!? - [療養食・予防食]All About【e】

うつ病はビタミンB不足が原因かも!? - [療養食・予防食]All About最近増えてきているうつ病。珍しい病気ではなく、私も身近なところで、うつ病でしばらく仕事をお休みする人や、うつ病の薬を服用している人から話を聞いたりします。今回はうつ病の原因の1つとして見逃されやすい栄養についてのお話です。食事からの栄養摂取は、自分でもコントロールが可能な部分です。
PR

しょこたんアイテムを探せ! | しょこたんと百草丸♪胃腸の弱い方に百草丸【e】

しょこたんアイテムを探せ! | しょこたんと百草丸♪胃腸の弱い方に百草丸しょこたんブログでしょこたんが百草丸飲んで胃腸を強くしてから 料理にチャレンジしてます。 一体どんなデス料理になるのか・・ ちなみに百草丸とはどんなものか調べてみました === 「御岳百草丸 1900粒」は、60粒あたり、オウバクエキスを1,600mg(原生薬換算量は2,240mg)含有した、粒タイプの胃腸薬です。オウバクエキスは、キハダの樹皮から抽出したエキスです。胃腸に作用し、胃腸の機能を高め、胃弱、消化不良、食欲不振、胸やけ、飲みすぎなどを改善します。医薬品。 使用上の注意 「相談すること」

メタボ副大臣、厚労省HPでダイエット日記公開 : ニュース : 医療と介護 : 【e】

メタボ副大臣、厚労省HPでダイエット日記公開 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 厚生労働省の太めの副大臣2人が、メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)の予防を身をもって訴えるため、4日から、ダイエット記録「厚生労働副大臣のメタボ退治」を同省ホームページ(HP)で公表している。  同症候群は、糖尿病など生活習慣病の前兆と言える状態。男性では、ウエストの周囲径(腹囲)が85センチ以上、女性では90センチ以上が診断基準の一つで、予備群も含めると、国内に2000万人いるとされる。  4、5年前から体の重さが気になっていたという武見敬三副大臣(55)は、身長166センチ、体重84キロ、腹囲は100・5センチで、典型的な「メタボ体形」。ラグビーでならした学生時代と比べ、20キロ近く増えたという。「立場上、これではまずいだろう」と公開ダイエットを決意、半年で体重5キロ、腹囲5センチ減を“公約”に掲げる。夜食を断ち、大好きな甘い炭酸飲料も我慢する。  武見副大臣を上回る腹囲101・5センチの石田祝稔副大臣(55)も、半年で6キロ、腹囲6センチ減を目指す。  HPでは、腹囲や体重のほか、歩数や、階段の上り下り、飲酒量などの記録を週1回更新。写真も随時掲載する。武見副大臣は「これで逃げも隠れも出来ない」、石田副大臣は「私のおなかを見て、皆さんもメタボ退治を」と話している。

景気が回復しても自殺が減らないのはなぜ? - [ストレス]All About【e】

景気が回復しても自殺が減らないのはなぜ? - [ストレス]All Aboutストレスからくる自殺者がふえているそうです
一方で、ここ1~2年の自殺者数の推移を見てみると、景気の動向に直接的に左右されにくい層の自殺が増えているのが気になります。それが、「学生・生徒」の自殺の増加です。 特に、2006年では学生・生徒の自殺者数が前年比25人増で、過去最高の886人に上っています。また、学生・生徒の自殺の内訳では、大学生の自殺が45%と最も多くなっています。 大学生の自殺増加は全国的にも問題になっており、山口大・大学教育機構学生支援センターが、職員が学生と接する際の留意点や対応策を記した自殺防止マニュアルの作成を始めるなど、対策に乗り出す大学も出てきています。

胃潰瘍に限らず、胃の疾患の症状は辛いものです。まして食べ物でも症状が左右されやすいので、食事のレシピにも気を使いますね。胃潰瘍にならないのが一番ですが、なってしまったら治療はもちろんのこと、食事療法も取り入れて積極的に治していきましょう。胃も健康でおいしい食事をできることが一番ですね。 胃潰瘍と食事 胃潰瘍とは胃の粘膜がただれて赤くなって炎症を起こした状態です。そして炎症の傷が深くなり、胃粘膜の底の部分まで胃が消化してしまう状態だということは、ここをご覧の方でしたらご存知だと思います。胃のもたれや胃痛の初期で医者にかかれば大事には至らないのですが、中々そうもいかずに胃潰瘍まで症状を進めてしまいがちです。胃は食べ物を溶かす強力な消化力を持っています。胃はその消化から自らを守るために胃粘膜で胃を保護しています。健康な胃はこのバランスがきちんととれているため、消化も問題なく行われますが、バランスが崩れて胃潰瘍などになると胃粘膜を保護する力が弱くなってしまいます。現在では胃粘膜を保護する胃潰瘍に良い薬がありますので、極端な食事制限を行わずに体力の回復に努めましょう。 胃にやさしい生活を 胃潰瘍のときに限らず、常日頃から胃にやさしい生活を心がけてはいかがでしょうか。私たちは知らず知らずの間に胃に負担をかけるような生活をしてしまいがちです。ここをご覧になっているのも何かの縁です。これを機会に自分の生活を見直してみませんか?

■規則正しい食事 1日3回食事をとっているからいいというわけではありません。規則正しくということは、あまり時間がまちまちにならず、毎日同じような時間に食事をとりましょう。食事の後にゆっくり休むことも大切です。睡眠不足や不養生な食事は胃潰瘍の原因になります。

■胃潰瘍の薬 医師が処方した薬はきちんと指示された量を規則正しく飲みましょう。飲み忘れては薬の効果が半減してしまいます。

■胃潰瘍の大敵 胃潰瘍の大敵は喫煙です。煙が胃粘膜を荒らしてしまいますし、血行を悪くしますので胃潰瘍を治りづらくしてしまいます。

■ストレス ストレスも胃の大敵ですね。ストレスを感じるだけで胃の血流が悪くなります。でも世の中ストレスを感じない人なんていませんよね? ストレスを感じてもなるべくためないようにして、気分のリフレッシュをはかりましょう。 文章素材集 - 胃潰瘍と食事

健康管理は睡眠から 不眠を起こす怖い病気 後編:体の病 - [睡眠・快眠]All About【e】

不眠を起こす怖い病気 後編:体の病 - [睡眠・快眠]All Aboutストレスが溜まってもいないし、寝室の睡眠環境もバッチリだけど、なぜだかよく眠れない。そんな人は、もしかすると、体の病気が原因で眠れないのかもしれません。 不眠症を含めた睡眠障害の国際的な分類が初めて作られたのは、1979年のことでした。その後、いろいろな検討が加えられて、2005年に最新版の分類方法が出来上がりました。「睡眠障害国際分類 第2版」といいます。それによると睡眠障害は、8つのカテゴリーに分けられています

医療ナビ.com:患者のための医療情報サイト/コラム【e】

医療ナビ.com:患者のための医療情報サイト/コラムまず、全人的ケアとは、患者を臨床の実践の中でいかに全人的に理解し、全人的にお世話するかということです。もう少し詳しく述べますと、病気からの解放を図ると共に、その患者が持っている身体・心や患者を取り巻いている社会環境・家族・経済状態といった患者の内面や外面を含む全てを理解し、積極的な健康づくりに貢献し、患者個々のQOL(生命の質)の向上に役立たせるお世話をする事です。 次に「人格的医療」というのは、患者を一人の人格者とみなし、全人的ケアを基本としてその患者の身体の病だけでなく、心や魂への配慮を細やかにしていく、いわゆる「患者に寄り添う医療」の事です。

麻疹(はしか)に解熱剤は危険! - [家庭の医学]All About【e】

麻疹(はしか)に解熱剤は危険! - [家庭の医学]All About~健康な体~

発疹前に口腔内にはKoplik Spotと呼ばれる炎症反応が起きるようです。

麻疹
の診断は、麻疹の発疹が出てからされることが多いです。しかし、この発疹の意味は、潜伏期間中の、麻疹ウイルスと免疫系の小勢り合い(具体的には発熱)を経て、最後の決戦に及んでいる状況です。通常は免疫系の勝利で終わります。その後、数十年に渡り、免疫記憶が維持されるので、なかなか麻疹の再感染は起きません。 麻疹を二度やっていると思い込んでいる例では、風疹を麻疹と取り違えている症例が多いです。風疹を麻疹と思っていると麻疹に感染するので注意が必要です。

健康診断で肺に影があると言われたら - [がん・がん予防]All About【e】

健康診断で肺に影があると言われたら - [がん・がん予防]All About健康診断の目的は、「がん」を早期に発見し、すぐさま治療を行うことで、「がん」の治療成績を向上させることにあります。 胸部レントゲン写真の場合も、やはり、肺がんや縦隔腫瘍などの胸部の悪性疾患を早く見つけることを目的にしています。 肺がんにしても縦隔腫瘍にしても、いわゆる「できもの」があると、通常は写らないような影が、胸部レントゲン写真には写ります。このような影が、観察されたときには、検診を行う医師は「要精検」、すなわち、もう少し詳しく検査してくださいというコメントを出します。

年代別の肥満予防とダイエットに関する興味深い記事です・ 20代の頃はふっくらタイプ、ダイエットをしてはリバウンドを繰り返していた。30代に入ってからは、どんなダイエットをしても効果がなくなり、体重増加が止まらなくなったという。体重計の目盛りが65kgを指すようになったとき、とうとう耐えきれず、青山ダイエット塾をたずねた。そこで教えられたことは、「ハードな食事制限や運動療法は、いっさいやらなくていい」ということだった。リバウンドを繰り返す30代のダイエッターが抱えているのは、“痩せにくい体質”ではなく、“痩せにくい精神”である。これを行ったらどれだけ脂肪が燃焼するか、という物理的なものにとらわれるのではなく、現在の自分を認め毎日、少しずつ節制することなのだ。

健康常識のウソ【e】

健康常識のウソ健康をたもつって大変です。 肥満の元脂肪酸についての マーガリンネタ!!

asahi.com:心筋梗塞や脳卒中、メタボじゃなくてもご用心 - 暮らし【e】

asahi.com:心筋梗塞や脳卒中、メタボじゃなくてもご用心 - 暮らし 高血圧や高血糖といった生活習慣病の危険要因を同時に抱えると、心筋梗塞(こうそく)や脳卒中を起こす危険が高まるが、その程度は、太っているよりもやせている人の方が高くなりやすいことが、厚生労働省研究班(主任研究者=上島弘嗣・滋賀医科大教授)の調査でわかった。来年度から、生活習慣病予防のための特定健康診査(特定健診)が始まるが、その柱となる「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」の診断基準が、やせた人たちのリスクを見逃してしまう可能性を示したものだ。

健康こだわりマーケット:血糖測定器【e】

健康こだわりマーケット:血糖測定器「太った人がなりやすい」と思われがちな糖尿病には、大きく2つのタイプがみられます。 それは小児や若年層に多いインスリン依存性の強い1型と、 生活習慣と遺伝的要因によって発病してくる2型です。 前者は急激に、後者は除々に、どちらも血液中のブドウ糖(血糖)の濃度が非常に高くなってきます。

夕刊フジBLOG【e】

夕刊フジBLOG脳の血管が詰まる脳 梗塞(こうそく)は、体のマヒや死を招くことも多い、怖い病気。先ごろ、脳梗塞のため引退を明らかにした大関・栃東(30)のように、最近では30― 40代で脳梗塞に倒れる人もふえている。

 WHOが屋内全面禁煙を勧告-世界からのニュース:イザ!

まず明日! WHOが屋内全面禁煙を勧告-世界からのニュース:イザ!屋内すべて禁煙になるのか? 喫煙家としてはとても耳が痛いWHOの勧告である 健康
の為にはそこまでやるか!!

少しかなしい・・・

大変、問題ありです 

秋田大学付属病院で、がんの疑いのある腫瘍(しゅよう)が見つかった腎臓を母親から息子に移植していた問題で、移植手術を執刀した羽渕友則教授が28日、同病院で記者会見した。

移植直前の検査で腫瘍は悪性の可能性が低かったとしたうえ、手術を病院内の倫理委員会に申請しなかった理由について、「(学会指針で申請対象外の)親子間の移植であり、しかるべき課題があるとは考えなかった」とした。


引用文  読売新聞

日立製作所は、生活習慣病の原因とされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を改善するためのダイエット指導システムを開発した。
Click here to find out more!

インターネットを通じて、担当の保健師がダイエットの成功を支援する。日立の30~40歳代の社員を対象にした実証実験では、参加者の平均体重が約5キロ・グラム減り、約60%が「メタボ状態」を脱したという。

プログラムは、90日間で5%減量を目指す。パソコンや携帯電話で身長、体重などの基礎データを入力すると、減量に必要なカロリー消費量をソフトが計算し、食事制限や運動メニューなどを提示する。

メタボ参加者が体重の変化や達成状況などのデータを入力すると、保健師がチェックして、10日ごとにアドバイスや激励のメールを届ける。「対話型」なので、やる気が持続するとしている。

日立は、社員の健康管理を重視する企業に売り込み、2008年度からの事業化を目指す。

読売新聞より

健康的/胃下垂について

<script type='text/javascript' src='http://minna.topics.yahoo.co.jp/module/bm_cst.js?nid=26662'></script>

メタボの天敵”肥満”
胃下垂だと太らないというのは?

「胃下垂だから太らないのではなく、痩せ型の人は脂肪が少なく、腹筋も弱いので、胃下垂になりがちなんです。太ると胃が持ち上がって治る人も」

胃下垂とは病気ではなく、胃の状態のこと。骨盤よりも胃角部(胃の中央部の折れ曲がり)が下がっていると、胃下垂といいます。胃下垂だと、胃がもたれる、便秘がち、げっぷが出るなどの症状が出る人が多いですね」(荻窪胃腸クリニック・山田先生

胃下垂の心配をされていた方には朗報ですね!

政府の「新健康フロンティア戦略賢人会議」(座長・黒川清内閣特別顧問)は18日、メタボリックシンドローム・メタボ(内臓脂肪症候群)、糖尿病など中高年に多い病気の予防医療を重視する2007年度から10年間の健康戦略をまとめた。

戦略は、女性や子どもの健康対策を具体的に明記し、健康づくりの進ちょく状況の9分野別の指標も設定した。

戦略は、「国民それぞれが多かれ少なかれ自分の健康に問題を抱えている」との現状認識を示したうえ、「女性の健康」「メタボ克服」「食育の推進」など9分野の対策を列挙した。

メタボ対策では、個人の特徴に応じた予防策や治療を講じる「テーラーメード予防・治療」や、関係団体との連携による標準的治療の普及を通じて、糖尿病の発生率や脳卒中・心疾患による死亡を減らす目標を掲げた。

また、「がん克服力」「こどもの健康力」などの分野別に、「乳がん検診受診率」「0~4歳児の不慮の事故死亡率」など、複数の指標を設定。最新の実績値を100とし、年度ごとに進ちょく度をポイント表示するようにした。戦略の施策を国民運動とするため、著名人や地域の世話役を「健康大使(仮称)」に任命し、積極的な啓発活動も行う。
(読売新聞

すごい。今まではいていたズボンが全部ダブダブ。おなかがベルト穴2つ縮まりました。これもメタボリック・シンドローム(以下メタボリック)克服プログラムの成果だね。

キッカケはこうですよ。50歳すぎから体が重い。身長166センチで体重は84㎏。慶応時代は体育会系のラガーメンで67㎏前後。体重をどうにかしなければという意識はあったが運動もせず今日まで。そんな中、昨秋、厚労省副大臣に就任した。

その前後、厚労省はメタボリックが深刻な生活習慣病を引き起こす元凶と断定、積極的予防の方針を打ち出す。来年4月から医療保険の保険料が予防特定健診や保健指導にも適用される。そうした中、私が健診を受けるとなんとメタボリックハイリスク予備軍3%のひとりに入ると判明。これじゃ私がメタボリック予防の旗振り役ではどうにも締まらない。


こうなったら自分がモルモットとなり、その成果を厚労省HPで克明に明かしながら国民にメタボ予防を呼びかけようと。
記者会見したら国内外メディアが大注目、衆人環視のもとのプログラムスタートとなった。さて自分の55年間の食生活に一言触れておこう。酒こそ飲まないが、「うまいもの食べずしてわが人生なし」と思うほどの食い道楽。毎日3食、肉、天ぷらとうまいもの無我の境。


さらに夜食。夜遅く帰り冷蔵庫を開け、めんたいこなどあれば、ごはんで茶漬けをサクサク。至福の時間だ。腹も膨れると夜もよく眠れる。
プログラム開始早々、即ストップさせられたのがこの夜食。最初の1カ月は空腹感で夜も眠れない日々。やっと最近なれてきたが今でも冷蔵庫を開ける癖はそのまま(笑)。


それと1日2000歩の速歩。自宅に着くだいぶ手前で車を降り歩く。仕事で疲れた日の深夜の速歩もきつい。そのほか腹筋20回、菓子セーブなどetc。で今、スタートして約5カ月。



内臓脂肪は100平方センチ以下に、腹囲が96・7センチ、尿酸値が通風寸前の7・6から6・4と劇的に降下。目標は6月までに体重84キロから79キロ、腹囲100・5センチから95・5センチ。


団塊世代が長寿を全うするピークが2040年、現状のままでは多くの高齢者が病気になり少子時代の若い人たちが支えきれないと懸念されている。

その意味でもメタボリック予防は日本が元気に成長していくためのチャレンジだ。でもプログラム遂行は結構きつい。明るく楽しいメタボ予防を心がけないととても続かないね。

引用元  夕刊フジ

厚生労働省のけんとう会は、企業が行っている職場健診に、タボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)の指標となる腹囲の測定を加えるべきだとする報告書をまとめた。

脳卒中や心筋梗塞(こうそく)発症の危険が増大するとされるメタボリック・シンドロームの判断基準は、腹囲が男性85センチ以上、女性90センチ以上であることに加え、血圧、血中脂質、血糖のうち2こうもく以上が基準値を上回っていること。

報告書は、「腹囲の測定は、脳・心疾患を予防する観点から必要」と指摘。ただ健診を受けやすくするために、本人の自己申告もみとめ、衣服を着たままでの測定でも構わないとした。

これに対し、日本経団連などは「基礎疾患の予防は個人の責任」と腹囲測定に反対しており、今後、同省の労働政策審議会の分科会で導入の是非を議論することになる。

医師の問いかけに応じ、体のぐあいの悪い個所を動かしながら答える“患者ロボット”を岐阜大大学院医学系研究科の研究チームが開発した。

珍しい症例をロボットの動きを通して医学生にしんだんさせることが目的。症状のある部分を動かして見せる教材用ロボットは、世界で初めてという。

ロボットは成人女性がモデルで、人のように滑らかに動く。筋肉に力が入らなくなる重症筋無力症の症例では、ロボットが「まぶたが重たい」と話しながらかおの表情を変え、ゆっくり肩などを動かしながら背中を丸めて見せる。

開発チームの高橋教授(58才)は「肩の関節や肩甲骨の動きを人間らしく表現するのが難しかった。今後は多くの症状をプログラムし、臨場感あふれる教材にしたい」と話しており、早ければ来年度のカリキュラムに登場する。
(2007年5月11日  読売新聞)

胃の中に生息するヘリコバクター・ピロリ菌が、胃粘膜を壊し、胃炎や胃かいよう、胃がんを引き起こすことに関与するたんぱく質「PAR1」を、北海道大遺伝子病制御研究所の畠山昌則教授らのチームが特定し、17日付の英科学誌ネイチャーに発表する。

ピロリ菌と胃がんの関係を証明
する成果で、胃がんなどの予防・治療につながると期待される。ピロリ菌は内部にCagAというたんぱく質を持ち、胃粘膜を形成する上皮細胞に付着すると、まず注射針のようなトゲでCagAを打ち込む。

上皮細胞は互いに結合して胃粘膜の働きをするが、細胞内に侵入したCagAは、細胞結合にかかわるたんぱく質「PAR1」に取り付き、その機能を失わせることを確認した。

その結果、上皮細胞がはがれ落ち、進行すると胃炎や胃かいようを引き起こす。さらに、CagAが細胞増殖を制御するたんぱく質に取り付くと、これが活性化され、上皮細胞が異常に増殖、胃がん発症の原因となることもわかった。畠山教授は「胃がんは肺がんと並んで日本人の死因の上位を占める。研究成果がピロリ菌除菌の推進などを促し、死亡率低下につながることを期待したい」と話している。
(2007年5月17日  読売新聞)

体内の塩分調節の異常で起きる遺伝性高血圧症の発症メカニズムを、東京医科歯科大のチームが解明した。

日本人の高血圧は塩分を原因とするものが多いとされており、新たな降圧剤の開発につながると期待される。9日付の米科学誌セル・メタボリズムに発表した。

同大の内田信一・准教授らは、国内で8例が確認されている原因不明の「偽性低アルドステロン症2型」という遺伝性高血圧症に着目。この患者に見られる遺伝子変異を、マウスで再現して調べた。

その結果、一部の酵素が変異して、腎臓でいったん作った尿から、必要な塩分を体内に戻す機能が必要以上に高まり、高血圧になることがわかった。塩分調節の異常による高血圧の仕組みが、今回ほど詳細に解明されたのは初めてという。

内田・准教授は「今回の成果を手がかりに、一般的な高血圧症の仕組みの解明や新たな降圧剤の開発につなげたい」と話している。
(2007年5月9日  読売新聞)

子供にもメタボリックシンドロームの危機がささやかれている。

学童期の子どもも、内臓肥満が原因でさまざまな生活習慣病を引き起こす

メタボ」になる恐れのあることが12日、東京女子医大の村田光範名誉教授の研究で分かった。すでに学童全体の1、2%は発症の可能性が高く、運動や食生活の改善などの対策が急務となっているという。


千葉県内で開かれた第1回日本食育学会総会学術大会で報告した。


村田教授は、子どもの発症の原因として、1.ゲームやテレビばかりで運動する機会が少ない 2.夜ふかしする子どもの低年齢化 3.食生活リズムの乱れ――を指摘。

今回の学会開催は親である私達にとって
子供のメタボがありうるという概念をもたらしてくれたのでは
ないでしょうか!!

  1. 夜ふかしする子どもの低年齢化
  2. ゲームやテレビばかりで運動する機会が少ない 
  3. 食生活リズムの乱れ――を指摘。
この3点が子供に悪影響を及ぼしているようですので
親が責任を持って対処すべきだと思いました。


masa

[1] [2] [3] [4
«  Back :   HOME   : Next  »
SEO的ブログ
SEO対策をブログでやっとく?キャッシング,メタボ,レシピ,など、キーワードを織り込みながら・・・
HN:
kenzi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1968/08/24
職業:
ziei
趣味:
pc
自己紹介:
インターネットで、いろんな情報を提供していき、皆さんのお役にたちながら、がんばってみたいと思います。
最新トラックバック
最新コメント
[06/11 桃(アジアチカの虜)]
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
忍者ブログ [PR]