忍者ブログ
健康とキャッシング関係のサイトを展開!SEOを意識した健康、キャッシング総合サイト!最新の健康情報とクレジット、キャッシング情報をお届けします。(お見合いなども)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


健康常識のウソ【e】

健康常識のウソ健康をたもつって大変です。 肥満の元脂肪酸についての マーガリンネタ!!
PR

asahi.com:心筋梗塞や脳卒中、メタボじゃなくてもご用心 - 暮らし【e】

asahi.com:心筋梗塞や脳卒中、メタボじゃなくてもご用心 - 暮らし 高血圧や高血糖といった生活習慣病の危険要因を同時に抱えると、心筋梗塞(こうそく)や脳卒中を起こす危険が高まるが、その程度は、太っているよりもやせている人の方が高くなりやすいことが、厚生労働省研究班(主任研究者=上島弘嗣・滋賀医科大教授)の調査でわかった。来年度から、生活習慣病予防のための特定健康診査(特定健診)が始まるが、その柱となる「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」の診断基準が、やせた人たちのリスクを見逃してしまう可能性を示したものだ。

enjoy Korea【e】

enjoy Korea 韓国の男たちはほとんどすべての人々が包茎手術をします.<韓国ではそんなに包茎が多いんですか?日本の男がほとんど包茎手術をしないのは、包茎が極少数派だから。日本人のほとんどが包茎手術の必要が無いんですよ。本当に韓国人は、整形手術、包茎手術が必要な欠陥生物なんですねぇ。

健康こだわりマーケット:血糖測定器【e】

健康こだわりマーケット:血糖測定器「太った人がなりやすい」と思われがちな糖尿病には、大きく2つのタイプがみられます。 それは小児や若年層に多いインスリン依存性の強い1型と、 生活習慣と遺伝的要因によって発病してくる2型です。 前者は急激に、後者は除々に、どちらも血液中のブドウ糖(血糖)の濃度が非常に高くなってきます。

夕刊フジBLOG【e】

夕刊フジBLOG脳の血管が詰まる脳 梗塞(こうそく)は、体のマヒや死を招くことも多い、怖い病気。先ごろ、脳梗塞のため引退を明らかにした大関・栃東(30)のように、最近では30― 40代で脳梗塞に倒れる人もふえている。

 WHOが屋内全面禁煙を勧告-世界からのニュース:イザ!

まず明日! WHOが屋内全面禁煙を勧告-世界からのニュース:イザ!屋内すべて禁煙になるのか? 喫煙家としてはとても耳が痛いWHOの勧告である 健康
の為にはそこまでやるか!!

少しかなしい・・・

大変、問題ありです 

秋田大学付属病院で、がんの疑いのある腫瘍(しゅよう)が見つかった腎臓を母親から息子に移植していた問題で、移植手術を執刀した羽渕友則教授が28日、同病院で記者会見した。

移植直前の検査で腫瘍は悪性の可能性が低かったとしたうえ、手術を病院内の倫理委員会に申請しなかった理由について、「(学会指針で申請対象外の)親子間の移植であり、しかるべき課題があるとは考えなかった」とした。


引用文  読売新聞

日立製作所は、生活習慣病の原因とされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を改善するためのダイエット指導システムを開発した。
Click here to find out more!

インターネットを通じて、担当の保健師がダイエットの成功を支援する。日立の30~40歳代の社員を対象にした実証実験では、参加者の平均体重が約5キロ・グラム減り、約60%が「メタボ状態」を脱したという。

プログラムは、90日間で5%減量を目指す。パソコンや携帯電話で身長、体重などの基礎データを入力すると、減量に必要なカロリー消費量をソフトが計算し、食事制限や運動メニューなどを提示する。

メタボ参加者が体重の変化や達成状況などのデータを入力すると、保健師がチェックして、10日ごとにアドバイスや激励のメールを届ける。「対話型」なので、やる気が持続するとしている。

日立は、社員の健康管理を重視する企業に売り込み、2008年度からの事業化を目指す。

読売新聞より

健康的/胃下垂について

<script type='text/javascript' src='http://minna.topics.yahoo.co.jp/module/bm_cst.js?nid=26662'></script>

メタボの天敵”肥満”
胃下垂だと太らないというのは?

「胃下垂だから太らないのではなく、痩せ型の人は脂肪が少なく、腹筋も弱いので、胃下垂になりがちなんです。太ると胃が持ち上がって治る人も」

胃下垂とは病気ではなく、胃の状態のこと。骨盤よりも胃角部(胃の中央部の折れ曲がり)が下がっていると、胃下垂といいます。胃下垂だと、胃がもたれる、便秘がち、げっぷが出るなどの症状が出る人が多いですね」(荻窪胃腸クリニック・山田先生

胃下垂の心配をされていた方には朗報ですね!

カラテカの包茎矢部の一言

斜視の矯正手術を受けた演出家テリー伊藤氏(57)が23日、治った左目を初公開した。18歳の時に学生紛争で負ったけがで斜視になり、39年ぶり に青春時代の顔を取り戻した。「モテる予感が満々」と新ルックスに満足そうなテリー氏は「これからは早大・斎藤佑樹投手みたいなさわやかな一面もアピール していきたい」と、大胆なキャラ変更も打ち出している。

 手術から約2週間、テリー氏が照れながら眼帯を外すと、視線がまっすぐになった新しい左目がお目見えした。斜視に見慣れた関係者らが 「おお」と拍手でどよめく中、テリー氏は「18歳の自分に再会した感じ。モテる予感が満々だね。ロン毛にする! 胸毛も生やす!」。テレビ番組企画で手術 をめぐる一部始終を見守ったカラテカ矢部太郎(29)から「今度は僕の包茎手術を応援してください」と祝福され「よし。夏になったら一緒に湘南にナンパに 行こう」と手放しで喜んだ。


 

読売より


政府の「新健康フロンティア戦略賢人会議」(座長・黒川清内閣特別顧問)は18日、メタボリックシンドローム・メタボ(内臓脂肪症候群)、糖尿病など中高年に多い病気の予防医療を重視する2007年度から10年間の健康戦略をまとめた。

戦略は、女性や子どもの健康対策を具体的に明記し、健康づくりの進ちょく状況の9分野別の指標も設定した。

戦略は、「国民それぞれが多かれ少なかれ自分の健康に問題を抱えている」との現状認識を示したうえ、「女性の健康」「メタボ克服」「食育の推進」など9分野の対策を列挙した。

メタボ対策では、個人の特徴に応じた予防策や治療を講じる「テーラーメード予防・治療」や、関係団体との連携による標準的治療の普及を通じて、糖尿病の発生率や脳卒中・心疾患による死亡を減らす目標を掲げた。

また、「がん克服力」「こどもの健康力」などの分野別に、「乳がん検診受診率」「0~4歳児の不慮の事故死亡率」など、複数の指標を設定。最新の実績値を100とし、年度ごとに進ちょく度をポイント表示するようにした。戦略の施策を国民運動とするため、著名人や地域の世話役を「健康大使(仮称)」に任命し、積極的な啓発活動も行う。
(読売新聞

すごい。今まではいていたズボンが全部ダブダブ。おなかがベルト穴2つ縮まりました。これもメタボリック・シンドローム(以下メタボリック)克服プログラムの成果だね。

キッカケはこうですよ。50歳すぎから体が重い。身長166センチで体重は84㎏。慶応時代は体育会系のラガーメンで67㎏前後。体重をどうにかしなければという意識はあったが運動もせず今日まで。そんな中、昨秋、厚労省副大臣に就任した。

その前後、厚労省はメタボリックが深刻な生活習慣病を引き起こす元凶と断定、積極的予防の方針を打ち出す。来年4月から医療保険の保険料が予防特定健診や保健指導にも適用される。そうした中、私が健診を受けるとなんとメタボリックハイリスク予備軍3%のひとりに入ると判明。これじゃ私がメタボリック予防の旗振り役ではどうにも締まらない。


こうなったら自分がモルモットとなり、その成果を厚労省HPで克明に明かしながら国民にメタボ予防を呼びかけようと。
記者会見したら国内外メディアが大注目、衆人環視のもとのプログラムスタートとなった。さて自分の55年間の食生活に一言触れておこう。酒こそ飲まないが、「うまいもの食べずしてわが人生なし」と思うほどの食い道楽。毎日3食、肉、天ぷらとうまいもの無我の境。


さらに夜食。夜遅く帰り冷蔵庫を開け、めんたいこなどあれば、ごはんで茶漬けをサクサク。至福の時間だ。腹も膨れると夜もよく眠れる。
プログラム開始早々、即ストップさせられたのがこの夜食。最初の1カ月は空腹感で夜も眠れない日々。やっと最近なれてきたが今でも冷蔵庫を開ける癖はそのまま(笑)。


それと1日2000歩の速歩。自宅に着くだいぶ手前で車を降り歩く。仕事で疲れた日の深夜の速歩もきつい。そのほか腹筋20回、菓子セーブなどetc。で今、スタートして約5カ月。



内臓脂肪は100平方センチ以下に、腹囲が96・7センチ、尿酸値が通風寸前の7・6から6・4と劇的に降下。目標は6月までに体重84キロから79キロ、腹囲100・5センチから95・5センチ。


団塊世代が長寿を全うするピークが2040年、現状のままでは多くの高齢者が病気になり少子時代の若い人たちが支えきれないと懸念されている。

その意味でもメタボリック予防は日本が元気に成長していくためのチャレンジだ。でもプログラム遂行は結構きつい。明るく楽しいメタボ予防を心がけないととても続かないね。

引用元  夕刊フジ

厚生労働省のけんとう会は、企業が行っている職場健診に、タボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)の指標となる腹囲の測定を加えるべきだとする報告書をまとめた。

脳卒中や心筋梗塞(こうそく)発症の危険が増大するとされるメタボリック・シンドロームの判断基準は、腹囲が男性85センチ以上、女性90センチ以上であることに加え、血圧、血中脂質、血糖のうち2こうもく以上が基準値を上回っていること。

報告書は、「腹囲の測定は、脳・心疾患を予防する観点から必要」と指摘。ただ健診を受けやすくするために、本人の自己申告もみとめ、衣服を着たままでの測定でも構わないとした。

これに対し、日本経団連などは「基礎疾患の予防は個人の責任」と腹囲測定に反対しており、今後、同省の労働政策審議会の分科会で導入の是非を議論することになる。

医師の問いかけに応じ、体のぐあいの悪い個所を動かしながら答える“患者ロボット”を岐阜大大学院医学系研究科の研究チームが開発した。

珍しい症例をロボットの動きを通して医学生にしんだんさせることが目的。症状のある部分を動かして見せる教材用ロボットは、世界で初めてという。

ロボットは成人女性がモデルで、人のように滑らかに動く。筋肉に力が入らなくなる重症筋無力症の症例では、ロボットが「まぶたが重たい」と話しながらかおの表情を変え、ゆっくり肩などを動かしながら背中を丸めて見せる。

開発チームの高橋教授(58才)は「肩の関節や肩甲骨の動きを人間らしく表現するのが難しかった。今後は多くの症状をプログラムし、臨場感あふれる教材にしたい」と話しており、早ければ来年度のカリキュラムに登場する。
(2007年5月11日  読売新聞)

胃の中に生息するヘリコバクター・ピロリ菌が、胃粘膜を壊し、胃炎や胃かいよう、胃がんを引き起こすことに関与するたんぱく質「PAR1」を、北海道大遺伝子病制御研究所の畠山昌則教授らのチームが特定し、17日付の英科学誌ネイチャーに発表する。

ピロリ菌と胃がんの関係を証明
する成果で、胃がんなどの予防・治療につながると期待される。ピロリ菌は内部にCagAというたんぱく質を持ち、胃粘膜を形成する上皮細胞に付着すると、まず注射針のようなトゲでCagAを打ち込む。

上皮細胞は互いに結合して胃粘膜の働きをするが、細胞内に侵入したCagAは、細胞結合にかかわるたんぱく質「PAR1」に取り付き、その機能を失わせることを確認した。

その結果、上皮細胞がはがれ落ち、進行すると胃炎や胃かいようを引き起こす。さらに、CagAが細胞増殖を制御するたんぱく質に取り付くと、これが活性化され、上皮細胞が異常に増殖、胃がん発症の原因となることもわかった。畠山教授は「胃がんは肺がんと並んで日本人の死因の上位を占める。研究成果がピロリ菌除菌の推進などを促し、死亡率低下につながることを期待したい」と話している。
(2007年5月17日  読売新聞)

体内の塩分調節の異常で起きる遺伝性高血圧症の発症メカニズムを、東京医科歯科大のチームが解明した。

日本人の高血圧は塩分を原因とするものが多いとされており、新たな降圧剤の開発につながると期待される。9日付の米科学誌セル・メタボリズムに発表した。

同大の内田信一・准教授らは、国内で8例が確認されている原因不明の「偽性低アルドステロン症2型」という遺伝性高血圧症に着目。この患者に見られる遺伝子変異を、マウスで再現して調べた。

その結果、一部の酵素が変異して、腎臓でいったん作った尿から、必要な塩分を体内に戻す機能が必要以上に高まり、高血圧になることがわかった。塩分調節の異常による高血圧の仕組みが、今回ほど詳細に解明されたのは初めてという。

内田・准教授は「今回の成果を手がかりに、一般的な高血圧症の仕組みの解明や新たな降圧剤の開発につなげたい」と話している。
(2007年5月9日  読売新聞)

子供にもメタボリックシンドロームの危機がささやかれている。

学童期の子どもも、内臓肥満が原因でさまざまな生活習慣病を引き起こす

メタボ」になる恐れのあることが12日、東京女子医大の村田光範名誉教授の研究で分かった。すでに学童全体の1、2%は発症の可能性が高く、運動や食生活の改善などの対策が急務となっているという。


千葉県内で開かれた第1回日本食育学会総会学術大会で報告した。


村田教授は、子どもの発症の原因として、1.ゲームやテレビばかりで運動する機会が少ない 2.夜ふかしする子どもの低年齢化 3.食生活リズムの乱れ――を指摘。

今回の学会開催は親である私達にとって
子供のメタボがありうるという概念をもたらしてくれたのでは
ないでしょうか!!

  1. 夜ふかしする子どもの低年齢化
  2. ゲームやテレビばかりで運動する機会が少ない 
  3. 食生活リズムの乱れ――を指摘。
この3点が子供に悪影響を及ぼしているようですので
親が責任を持って対処すべきだと思いました。


masa

政府の自殺総合対策会議が先月末に発表した自殺総合対策大綱の素案について、

NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」(東京)など自殺対策に取り組む民間24団体が10日、「自殺の削減目標が、これまでより後退している」として、見直しを求める意見書を内閣府に提出した。

素案の削減目標は「2016年までに自殺率を20%下げる」というもの。


自殺率とは、人口10万人あたりの自殺者数を示す数値で、年間自殺者数が3万553人(人口動態統計)だった05年には24・2(同)となっている。1

6年の推計人口に基づいて素案の削減目標を年間自殺者数に換算すると、約2万4000人になり、厚生労働省が2000年に発表した「健康日本21」での「2010年までに年間の自殺者数を2万2000人以下にする」という目標より多くなる。

血管作成 強い殺菌効果

 がんに関連する遺伝子の一部から、血管をつくる作用や強い殺菌効果のある新しい物質を合成することに、大阪大医学系研究科の中神啓徳助教、金田安史教授らが成功したそうだ。

本来は“悪玉の一味”に見られている遺伝子も、使い方次第ではまったく別の機能を持ち、有益に利用できることを示した初のケース。遺伝子の隠れた能力として注目される。

 政府・与党は5月9日、地方の医師不足を解消するため、

医師が集まる国公立病院など地域の拠点となっている病院から、

半年~1年程度の期間を区切り、地方の病院・診療所へ医師を派遣する新たな制度を整備する方針を固めた。

医師派遣の主体を都道府県や病院関係者らで作る「医療対策協議会」とし、

復帰後に医師が人事で不利益を受けない仕組みを担保するほか、

医師を放出する拠点病院への補助金制度も導入する。

厚生労働、文部科学など関係閣僚が参加する政府・与党協議会で来週から詳細な検討に入り、今年度中の制度スタートを目指そうだ。

介護保険料、ポイントで納付=高齢者の健康増進で新制度-厚労省

厚生労働省は9日、介護保険とボランティア活動を組み合わせた新たな仕組みを導入し、全国的に推進していくことを決めたらしい。

高齢者のボランティア活動実績を「ポイント」として点数化し、そのポイントで介護保険料を納めたり、介護サービス利用料を支払ったりできるようになる。


『ボランティア活動への積極的な参加を高齢者に促し、心身の健康を保ってもらうのが狙い』

『元気な高齢者が増え、介護保険給付費の抑制につながることを期待している』

ボランティアとは本来見返りを求めないものなので、
こういった、試みは国が率先してある事はいいことですね。


ついに赤ちゃんポストが始まった!!

熊本市の慈恵病院(蓮田晶一院長)は10日正午から、親が養育できない新生児を匿名で託す「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」の運用を開始した。

医師、助産師、看護師らが24時間態勢で待機するようだ。

やはり喫煙の健康に対する被害は化確かだった!!

3年の寿命が違うということは、逆に考いうとかなりの医療費がかかることに
なるはずだ、これから禁煙を考え寿命を延ばそうとがんばれば、さらなる医療費の問題も
出てくる予感が・・・


たばこを吸う男性は、吸わない男性よりも40歳以降の余命が3.5年短いことが9日、厚生労働省研究班(主任研究者・上島弘嗣滋賀医大教授)の大規模疫学調査で分かった。

たばこの健康への影響に関してはさまざまな研究があるが、日本人の寿命との関係が明確に数値で示されたのは初めて。

研究班は1980年、全国から無作為に抽出した30歳以上の男女約1万人(平均年齢約50歳)を対象に、喫煙の有無や本数などを調査。男性の喫煙率は62.9%、女性は8.8%で、99年まで追跡し、この間の年齢層ごとの死亡率から各年齢の余命を試算した。

この結果、たばこを吸わない男性の40歳時の平均余命は42.1年なのに対し、吸う男性は38.6年と、3.5年の差が開いた。

以前吸っていて調査時までに禁煙した人は40.4年。他の年齢でも同じ傾向となり、禁煙による寿命延長効果が示された。



偽名を使って通信販売会社からフィットネス機器などを購入し、代金を支払わなかったとして

東大生らがネット詐欺、健康機器を偽名購入して転売したらしい。


調べによると、3人は今年2~3月、インターネットを通じて計9回、東京都渋谷区内の通販会社に、「乗馬型」のフィットネス機器や体重計など計10点(計25万7300円相当)の購入を申し込み、同県柏市などのアパートに配達させ、代金を払わず、だまし取った疑い。

商品はインターネットオークションで転売した。商品の購入やアパートの契約には偽名を使っていた。

アパートは、被告が、同市内や東京都内などの少なくとも5か所で借りていた。県警は、アパート内から、だまし取ったとみられる数十点の商品を押収しており、余罪も追及する。

両容疑者は、インターネットの掲示板を通じ知り合い、動機は「小遣いがほしかった」などと供述しているという。


東大生は国を代表する人間だということをまだ自覚していないみたいです。
そんなことをしなくても、いくらでもお小遣いは稼げそうなきがしますが・・・
素人考えかな??

在宅医療の報酬上げ・厚労省方針、入院減らし医療費抑制を推進しているようです。在宅の宅配医療食の記事にも綴ったが、患者さんにも やさしい治療法になればいいと思う。

厚生労働省は「在宅医療」を充実させるため、24時間体制で往診や看護に応じる開業医の診療報酬を2008年度から引き上げる方針だ。

外来患者の診療に頼って在宅医療に取り組まない開業医の診療報酬は抑え込み、費用のかかる入院を減らして自宅での療養を促すのが狙いで、医療費の膨張を防ぐという。  


7月にも厚労相の諮問機関の中央社会保険医療協議会(中医協、土田武史会長)に提示して、08年4月の改定に向け、来年初めまでに引き上げ幅などを詰めるとしている。

[1] [2] [3] [4] [5] [6
«  Back :   HOME   : Next  »
SEO的ブログ
SEO対策をブログでやっとく?キャッシング,メタボ,レシピ,など、キーワードを織り込みながら・・・
HN:
kenzi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1968/08/24
職業:
ziei
趣味:
pc
自己紹介:
インターネットで、いろんな情報を提供していき、皆さんのお役にたちながら、がんばってみたいと思います。
最新トラックバック
最新コメント
[06/11 桃(アジアチカの虜)]
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
忍者ブログ [PR]